新しい角膜潰瘍の治療法  Acell Vet 角膜ディスク

新しい角膜潰瘍の治療法  ACell Vet 角膜ディスク

  1. ACell Vet角膜ディスクで角膜潰瘍を手軽に治療。

  2. 15mmの角膜ディスクには、裏と表を判別するためのマーカータブがあります。角膜ディスクの固定方法は様々で、角膜への縫合、眼球結膜へのTack縫合、瞼板縫合、瞬膜フラップへの縫合など、患者に合った方法を選ぶことが出来ます。

  3. 水和されたディスクが固定されれば、ACell Vet 角膜ディスクはすばやく眼球の組織と一体化し、あくまでも患者の組織をベースとした組織の再生をサポートします。ACell Vet 角膜ディスクは無細胞製造なので、ディスクの素材は再生中に完全に再吸収されて残りません。

  4. ACell Vet 角膜ディスクはコストパフォーマンスが高くお手軽です。深刻な角膜潰瘍への初期処置としてもとても有効です。


ACell Vet角膜ディスクの使用法

製品概要

ACell Vet角膜ディスクは角膜潰瘍治療用の外科軟組織パッチです。ブタ膀胱の組織をベースにしています。組織再生を補助する自然組織外マトリックスです。凍結乾燥された15mmディスクが個別にパッケージングされ、5ディスクパックと10ディスクパックがあります。

用途

ACell Vet角膜ディスクは角膜潰瘍の再生と治癒使用します。本製品は再利用できません。

禁忌

本製品の原材料はブタから採取しているので、豚アレルギーを持つ動物には使用不可です。

注意事項

本製品は殺菌処理されていますが、パッケージの乾燥が保たれていなかったり、破損、開封されていたりすると、その限りではありません。開封済みの製品は使用しないで下さい。開封後すぐにご使用下さい。
再殺菌、再利用しないで下さい。開封後、使用しなかった部分は破棄してください。
取り扱い時の事故などにより本製品が破損もしくは汚れた場合は破棄してください。
本製品は、壊死した細胞に直接使わないで下さい。使用前に、あらかじめ病変部の化膿性残留物を取り除いて下さい。壊死した組織、および瘢痕組織を創傷清拭して下さい。使用前に、浸出物を取り除き、出血を制御して下さい。
消毒剤、洗浄剤、および通常組織を刺激する物質の使用時には、生理的塩類溶液で患部を充分に洗浄して、清浄剤の残留物を取り除いて下さい。

起こりうる問題

軟組織の治療時には、汚染、慢性炎症、アレルギー反応、原因不明の咳や寒気、過度の発赤、痛み、腫れなどの可能性があります。
医療に絶対はありませんので、治療の成功は保証できません。

保管法

パッケージが未開封、および破損していない状態で、乾燥した清潔な場所に保管して下さい。常温以下で保管し、加熱や直射日光は避けて下さい。

殺菌処理

本製品は電子線放射で殺菌処理されています。

使用法

ACell Vet 角膜ディスク使用48時間前は、局所用薬剤を使用しない下さい。
全ての壊死組織、および瘢痕組織を取り除き、浸出物を慎重に洗浄、もしくは摘出して下さい。
通常無菌手法を用いて、ACell Vet角膜ディスクを無菌パッケージから取り出して下さい。
本製品のサイズを切って調整する場合は、この時に行って下さい。角膜ディスクのサイズは病変部より少し大きめにして下さい。
ACell Vet角膜ディスクを潰瘍部に設置する際は、開封後の乾燥状態、もしくは生理的塩類溶液で2〜3分水和した状態で使用して下さい。ディスクには内側と外側があり、右の絵のシルエットに合わせて製品の裏表を確認して下さい。
ACell Vet角膜ディスクを固定は非吸収性縫合糸による結節縫合、もしくは瞬膜フラップによって固定を行います。

*注 治療時は、動物の総合的な健康もとても重要です。充分な栄養摂取、基礎病理学、必要に応じた末端の持ち上げ、抗生物質の使用などを心がけて下さい。患者には、専門家によるマネージメントが必要です。


戻る

上記内容の無断複製は禁止します。